しん随筆

Fラン大学卒の2年間の空白期間持ち豆腐メンタルがやる気出してます。

【書評】『スマホ脳』アンデシュ・ハンセン著

 今回はアンデシュ・ハンセン著「スマホ脳」を書評する。この本は、スウェーデン国内で60万部、日本だけでも40万部の発行部数を記録し、世界20カ国で翻訳された本である。

スマホ脳(新潮新書)

 僕は、全世界のスマートフォン利用者はこの本を読むべきだと思う。

 スマートフォンに時間を奪われている現代人が、足を一回止めて、現代のスマホに支配された生活を見直すきっかけになるそういう本だからだ。

 今まで言われてきたスマホによる悪影響を研究結果を用いて網羅的に分かりやすく説明してくれている本であるから、決して目新しいことばかりではない。

 

 SNSの「いいね」は私たちの脳内報酬系を刺激し、SNSに依存するように設計されている。

 マルチタスクをするとドーパミンが出て効率よく作業できた気がしてしまうが、実際には集中力は下がっている。

 グーグルが質問の答えを教えてくれるから人間の記憶力はだんだん下がる。

 現代人の睡眠時間は減っていく一方で、スマホによって睡眠効率は悪くする。

 スマホは私たちの心身、そして生活を確実に蝕んでいっている。

 だから、私たちはスマホをちょうどよく離して生活したほうがいい。

 

 私たちはスマホに時間を浪費している時にはスマホの悪影響を考えないだろう。だから、時間を奪うように設計されているSNSや動画サイトに時間を溶かし続けている。かくいう僕もそのような人間の一人だ。

 スマートフォンが僕たちに与えてくれた恩恵を考えた時、この本を読んだからといって、明日からスマホのない生活ができるかと言われると、それは100%無理な話である。

 しかしながら、この先の自分の生活、また自分の子供たちの代に良い影響を残すためには、ちょうどアナログとデジタルの過渡期である僕たちが、今やらなければいけないことなのかもしれない。

 スマホに時間を溶かしてしまう僕たちの生活を見直すための材料を与えてくれる。そんな本である。

 この本によると人間をはじめとする生物は、生き残るために進化を続けてきた。いや環境に適応した進化を達成した生物が生き残ってきた。人間の体は約20万年の間に蓄積された生きるための「知恵」である。

 命の危機に晒されていない、種の存続がかかっていない現代の生活で、僕たちの脳みそがスマホに対応した進化をするとは考えにくい。科学の急な発展により人為的に進化させられる場合を除いては、少なくとも僕たち世代ではほぼ不可能だろう。

 だからこそ、私たちは現在持っている脳をはじめとする有限な時間と身体機能の中で、最適化できる方法を考えていく必要があるではないだろうか。