しん随筆

スペイン語を勉強したり、プログラミングを勉強したり

【プログラミング】プログラミング初心者の勉強記〜その1〜

 前回はProgateを1ヶ月やってみたという記事を投稿しましたが、その1ヶ月から、プログラミング勉強する上で必要なのは、「理解すること」,「全体を把握しながら、手順を明確にすること」,「応用すること」なのではないかという、仮説を得ました。

 その3点を実践するためにこの記事はアウトプットとして書いていますのでこの記事は僕のメモを見ているような感覚で読んでほしいです。 

 こうやっていちいち、理解を書いていく作業って多分、めちゃめちゃ効率悪いし、嫌になってくると思うけど、慣れてきたりやり方が徐々に分かってきたら、ショートカットする方法とかが見つかっていくのかなと思います。

 

 

今回はセイト先生の動画のクイズゲームを元に、英単語のスペリングテストアプリを作りました。

 

↓動画のURLはこちらです↓

www.youtube.com

 

クイズゲームの処理手順>

1.クイズが出題される

2.回答する

3.正誤判定する

4.全問終わった?(Yes(⇨5へ) or No(⇨1へ))

5.結果発表

 

<この動画の個人的なポイント>

・繰り返す処理のwhile文の使い方

・正誤判定におけるif文の使い方

・イベント対象のオブジェクトを取得するe.target

・一つ一つの処理を順番に整理して、確実に書いていく

・共通部分や同じ処理を定数や関数にまとめていく

 

<作成時に出たエラーと原因>

・Uncaught TypeError: Cannot read property '0' of undefined

 定義されていない=>タイプミスのオブジェクトが使用

・Assignment to constant variable

 定数に再代入しようとしている

・Uncaught ReferenceError: button is not defined

 $buttonのスペリングミス

 

といっためちゃめちゃ基本的なミスが多かったです。

 

 僕は、この処理手順を英単語テストにつなげようかと思いました。ただのテストだったら、クイズゲームとコードの中身が全く変わらないので、ボタンの代わりにinputタグを用いて、スペリングできるようにしました。

 処理手順は動画とほぼ同じですが、buttonタグではなくinputタグを使用したため、選択肢作成やクリックイベントなどにおいてwhile文で処理することが少なくなってしまったので、あまり動画で見たことを活かしきれなかったなんて思います。「document.getElementById(‘id’).value」を使うことで、あとはクイズゲームの正誤判定と同じようにcorrectの値と等しくなれば、スペルの答え合わせはできますし、また、上記のコードにアレンジを加えて「document.getElementById(‘id’).value=‘’;」とすれば、更新をしなくても、入力フォームをクリアできるようになりました。

 

<今後の展望>

すごくしょぼいアレンジでしたが、例えば検索機能やデータベースをうまく使って、簡単に単語を追加できたりしたら、それっぽいアプリになっていくと思うので、今後も精進していこうと思います。

 

【プログラミング】全くのプログラミング初心者がProgateの有料会員を1ヶ月やってみた感想

 ひょんなきっかけで約1ヶ月前からプログラミング学習を始めました。その入門教材としてProgateが色んな所で紹介されていたので、取り敢えずProgateから始めてみました。昨日で有料会員登録してから1ヶ月が経過したので、そのレビューをしようと思います。

 

 結論から言うと、有料会員を登録した時から、Progateは1ヶ月とかの短期間で集中的にするものなのかなと思います。

 僕はめちゃめちゃProgateのコンテンツに満足しています。最初は無料で全部済ませたいなとか思っていたので、有料会員になるかは少し躊躇いましたが、有料コンテンツの豊富さを考えたら、登録をしました。HTML&CSSをはじめとしたJavaScriptPHPRubyといった基本的な言語はもちろん、React、Jquery、Node js、Ruby on Railsなどの発展的なフレームワークやライブラリの使い方も学ぶことができ、初学者の僕にはもってこいの内容でした。

 他にもProgateのメリットとしては、構築環境などを含めて必要なものがサービス上で揃っており、取り敢えず、与えられたお題をこなしていくことで各プログラミング言語に対する理解を深めることができるという点があげられます。

 全くの未経験だった僕にとっては、全てが初物だった訳ですけど、お題を進めながら理解をしていくというこの方式はとても分かりやすく、本当にいい教材だと思いました。また、ダッシュボードや自分のレベルなどを上げていく作業など、やり込み要素があり一日あたり相当量をこなしました。

 しかしながら、このメリットが時としてデメリットになり得ることもあり、僕が1ヶ月で有料会員登録をやめようと思った理由でもありました。具体的に言うと、課題以外の全てが用意されているがために、自分で0から何か作ろうと思った時にどこから始めれば良いか分からなかったということ。例えばJavaScriptを勉強したとしても、どうやってそれを応用すれば良いか分からないとか、こんなWebアプリ作りたいんだけど、どうやって作るんだろうみたいな疑問にはあまり答えられないというか。まあ、受動的になってしまっている自分自身の問題であると言えるのかもしれませんが。

 それでも色々なエンジニア系YouTuberの方々が仰っていたように覚えるためにProgateを何周もすることに意味はないとか、Progateが終わったら後は作りまくるだけとか、実際に仕事をしているとコーディングより調べてる時間の方が多いということを聞いており、マスターできたかは別として、一通りプログラミング言語を学ぶことができたので、次から実践にべきなのかなと思いました。昨日でサブスクリプションの更新をせず、昨日で有料会員は終わってしまいましたが、またJavaScriptPHPRubyを使いこなせるようになって他の言語を勉強することになったら、Progateに戻ってくることも考えています。

 今後のプログラミング学習の展望としましては、ポートフォリオを作れるようにWebサイトや簡単なアプリを作っていくと言うことです。そのために模写や写経のように真似から入って、引き出しを増やしていくことに重きを置いていくことが大事なのかなと思います。

 それと同時進行で、もっとIT、Web技術の構造を理解していくこと、そのためにこのブログとかTwitterなんかでアウトプットしていくことが必要なのかなと思います。

 

 

 結論、Progateは入門としては最強、しかし長くそこに留まってもいけない。

 

【スペイン語学習】オススメの参考書〜文法書編〜  

 

あまり、情報が多くないスペイン語の学習について知っている情報をシェアして、少しでもスペイン語学習をしている皆さんのお役に立てればと書いているスペイン語学習ブログ第二弾!

前回はオススメの参考書単語帳編をやりましたので、もしむだの方はそちらから見ていただければ嬉しいです。

tempahage.hatenablog.com

 

そして今回はオススメの参考書文法編をやっていきます。それではいってみましょう!

 

僕のスペイン語学習の方針としては、当時僕は「瞬間英作文」というメソッドにハマっていて、海外行く機会がある度に、瞬間英作文で英語を話せるトレーニングをしていました。それによってある程度英語でコミュニケーションとれるようにはなれました。

そのメソッドについては、今度また記事にしようと思いますが、その小さな成功体験から瞬間スペイン語作文ができるような文法書を選ぼうと考えました。

そういう観点から僕は文法書を探したので、全ての文法事項を網羅しているとは言えないかもしれません。その一方で使える文法、話せる文法を身につけることができると思います。

 

【No.1】

英語・スペイン語どちらも話せる! [基礎エクササイズ篇] (バイリンガル叢書)

ザ・瞬間作文というような参考書で、まさに僕が求めていたような参考書です。文法レベルは初級レベルでスペイン語を勉強し始めたという方には、うってつけの一冊だと思います。

ただ、出版から5年ほど経ってもなかなか続編がでないということが唯一の残念なポイントでしょうか。それでも、英語スペイン語ともに勉強できるという点でもオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英語・スペイン語どちらも話せる! 基礎エクササイズ篇
価格:1760円(税込、送料別) (2020/11/20時点)


 



【No.2】

こんなとき、どう言う? スペイン語表現力トレーニング (NHK出版CDブック)

続いては、もはや恒例となったNHK出版のこの一冊。本当に語学学習においては、NHK様様で頭は上がらないです。初級文法は一通り終わったという方で実際に会話の中で言い回しが見つからないという方にオススメです。

それぞれのケースに応じて、5つの構文×3文載っており、量質共に使いやすい教材でした。「語学の王・NHK」と名乗ってもらっていいと思います。

www.amazon.co.jp


 



【No.3】

スペイン語作文の方法 構文編

【No.4】

スペイン語作文の方法 表現編

 

No.3とNo.4は同じシリーズなので、同時に紹介しようと思います。ファッショナブルなデザインが多い語学書の中で、正直、少し地味な表紙のこの2冊。2000年代に書かれただけあって、大学の図書館にあったこの本を僕は、何年もの間スルーし続けていました。しかし、ふとこの本を手に取り読んでみると、本当に良質な構成。少し複雑な作文をするための約150ほどの構文が紹介されており、説明も丁寧、練習問題の量も適量。本当にスペイン語教材の最高点かもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 スペイン語作文の方法 構文編 / 小池和良 【本】
価格:2750円(税込、送料無料) (2020/11/20時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スペイン語作文の方法(表現編) [ 小池和良 ]
価格:2860円(税込、送料無料) (2020/11/20時点)


 



文法にしても単語にしても、やはり使えるようにならなければ、あまり語学の上達は感じることができず、続けることは難しいのかなと思います。文法の勉強を話せるようになるためのトレーニングと並行して行うことができるという点で、例文を使いながら瞬間作文を行うことができる4冊をお薦めさせていただきました。

もし、他にもオススメのスペイン語教材がありましたら、コメント欄で教えていただけたら幸いです。




【スペイン語学習】オススメのニュースサイト

 今回はスペイン語学習においてオススメのニュースサイトを紹介したいと思います!


 当たり前のことなんですけど、言語学習って参考書ばっかり読み続けても上達しないんです。やっぱり、最終的にはその言語を使用して、コミュニケーションをとったり、音楽を楽しんだり、情報を得たりしていく中で、実力が上がっていくものだと思うんです。

 今回はその中でリーディング力を上げたいけど、そんな参考書がないという人向けに、記事を書いていこうと思います。

 まあ、結論から言うと「インターネットでニュースを探せ!」ってことなんですけど、お金もかからず、多読をできる、その上時事問題という情報も得られる。それがインターネットでニュースを読むメリットかななんて思います。

 最初はグロッキーになりながらニュースを読んでいても、毎日同じニュースを読んでいるとニュースのボキャブラリーも構文も大体決まってるなってことに気付いてきてハードルは下がってくると思います。

 別の記事で紹介していますが、レベルが高めの単語帳と合わせながら学習を進めていくとより効率的かなと思います。

 

https://tempahage.hatenablog.com/entry/2020/11/13/215413

 

 それでは行ってみましょう!


【No.1】

NHK WORLD

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/es/news/

皆さんがよく知ってらっしゃるNHKって、連ドラ、甲子園、紅白といった華やかな部分の影で本当にありがたいようなサービスを出してくれていて、そのうちの一つがNHK WORLDだと僕は思います。約20の言語で日本のニュースを出しているので、スペイン語以外の言語の習得を目指している方にオススメ。

唯一の問題としては、ニュースが更新される度に古い記事が消されてしまうので、「これ後で読もう〜」としてしまうと、その記事がなくなってしまうこともあるのでご注意を。


【No.2】

International Press

https://internationalpress.jp/

続いては、International Press。NHK World同様、日本の記事をスペイン語軒出身の方向けに発信してくれているサイトです。ホームページにあるラジオでスペイン語圏のポピュラー音楽が流れているので、ラテン音楽に興味のある人には、そんな情報収集のメソッドとしてもオススメです。


最初の2つで日本のニュースを扱っているサイトを紹介しましたが、日本のニュースを読むことのメリットっていうのは、ニュースの背景を知っているため、文が読みやすいということにあると思います。

例え、日本語であっても素人が医学や法律の話をされても分からないように、文脈とか予備知識というのは語学力以上に僕は大切だと思っていまして、そういった面で日本のニュースを言語学習に持ってくるのは一つの手だと思います。

 

 それでは次に行ってみましょう!


【No.3】

BBC Mundo

https://www.google.com/amp/s/www.bbc.com/mundo.amp


イギリスのBBCスペイン語での発信をしてくれています。イギリスのニュース会社でありますが、世界のニュースを幅広く扱ってくれています。

僕がBBC Mundoを推すポイントとして、YouTubeチャンネルです。時事問題やラテンアメリカスペイン語の知識などを短い動画でまとめてくれていて、大変勉強になる点です。ほとんどの動画で字幕も付いているので、見るだけでもよし、ディクテーションに使うもよし。大変ありがたいサービスです。


↓↓BBC MundoのYouTubeチャンネル↓↓

https://www.youtube.com/c/BBCMundo

 

【No.4】

現地のニュースサイト


最終的にはこれですかね。結局スペイン語スペイン語圏の情報を得るのが目的なので、できるようになったら、高いスペイン語の能力を持っていると言っても過言ではないでしょう。

とは言っても、ニュースサイトや新聞社なんていっぱいあって正直、何がいいのか分かりません。こうなったら素直にググりましょう。

例えば、「Que es el periodico mas popular en españa」なんて検索かけたら、下の写真みたいに出るので、どんどん欲しい情報はスペイン語でググってみましょう。


f:id:tempahage:20201117154950j:image
f:id:tempahage:20201117155003j:image

 

僕が行ったことのあるコロンビアで言ったら、El EspectadorとEl Tiempoが大きな新聞社だったので、その2つでニュースを集めてみたりしてました。


https://www.elespectador.com/

https://www.eltiempo.com/

 

【まとめ】

いかがでしたか?なかなか日本にいると情報が少ないスペイン語ですが、インターネットを使うことで、日本から出ることなく現地の情報を得ることができます。どんどん、活用して参考書の代わりに生の情報を集めてみましょう。

 

【スペイン語学習】オススメの参考書〜単語帳編〜

 

スペイン語の学習を進めていく上で、一番ネックに感じる部分は、『情報の少なさ』ではないだろうか。世界言語の英語や、近くて文化的交流が盛んな韓国語、都市部で仕事する時に便利な中国語、ファッショナブルでみんな憧れるフランス語(全部僕の主観です)に比べると、書店やアマゾンなどのネットショップでも、ラインナップにどうしても見劣りしてしまうスペイン語

そんなスペイン語を学習を志す方々に僕の経験を交えながら、参考書を紹介していこうと思います。

初回の今日は、単語帳を紹介していこうと思います。

 

No.1

これなら覚えられる!スペイン語単語帳 /NHK出版/高垣敏博


 

 

初心者には必須の約1000語が載っており、これからスペイン語の勉強を始めるという方にはオススメの一冊です。付属のCDには単語、例文の音声が収録されており、スマートフォンなどに入れれば外出中でも学習する事ができ、そこは「流石NHK!分かってるな〜」という感想です。

 

No.2

キクタスペイン語【入門編】


 

 

こちらも語学学習をしたことある人ならテッパンと言えるキクタンシリーズ。入門編の単語のレベルはNo.1と同レベルですが、付属CDの音声ではリズムに合わせて単語を発音してくれるので、聞き流しながらでも覚えることができ、自分で発音はできないけど、移動時間が多いみたいな人にはオススメです。

ただ、あまり例文については親切ではなく、CD音源がなかったり、不完全な文であったりするので、そこはデメリットかなと思います。

 

No.3

キクタン スペイン語【初級編】


 

こちらもキクタンシリーズです。初級編とは言うものの、少し単語のレベルが上がった印象で、このレベルまでクリアできれば日常会話は、ある程度出来てくると思います。初級文法などが終わって、アクティビティに移行したい人などにオススメです。

 

No.4

頻度順 一歩踏み込むスペイン語単語1000

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

頻度順一歩踏み込むスペイン語単語1000 [ 柿原武史 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2020/11/13時点)


 

もう初級レベルを終わらせ、中上級へのステップアップを考えている人にはこの単語帳でしょうか。ニュースを読んだり、YouTubeスペイン語の動画にチャレンジしたいという方には、必須の単語レベルだと思います。

ただ、比較的固有名詞が多かったり、単語のレベルが高いこともあって、例文が長く、少し気合が必要でした。

 

番外編

次の2冊は自分が使用したことはなく、書店で立ち読みした程度の感想ですので、話半分で読んでいただければと思います。

また、使った経験のある方は感想を教えて頂けたらと思います。

 

番外編その1

今すぐ話せる! いちばんはじめのスペイン語単語 (東進ブックス)


 

 

こちらは東進ブックスが出してる参考書で、ビジュアル的にとっつきやすい構成になっています。パッと見た感じでは語彙は初級レベルという印象でした。

 

番外編その2

キクタスペイン語初中級編基本2000語レベル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キクタンスペイン語【初中級編】
価格:2420円(税込、送料無料) (2020/11/13時点)


 

 

こちらは、キクタスペイン語の最新版です。2018年出版とあまり盛んではないスペイン語参考書の中では比較的新しく、初中級とは書いてありますが、比較的難しいレベルの単語である印象を受けました。



以上が今回僕が紹介したい単語帳でした。正直、それ以外の単語帳というのは、単語と意味だけが羅列しているような単語帳が多く、あまり使い易さという面では、厳しいかなと僕は思います。

スペイン語の単語帳で迷ったら、今日紹介した単語帳の中から自分のレベルと用途にあった、単語帳を選んでいくのが大切ですので、このブログが少しでもお役にたてば幸いです。

テキサスとメキシコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

反米大陸 中南米がアメリカにつきつけるno! (集英社新書) [ 伊藤千尋 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)

楽天で購入

 

 

アメリカ、テキサス州は元々メキシコの一部であった。砂漠地帯であったテキサスにアメリカから移民がやってきて、綿花を育て始め、それをメキシコ政府が寛容に対応していた。そのテキサスに移り住んできたアメリカ人がその後独立運動、および独立宣言。テキサス軍およびアメリカ軍の前にメキシコ軍は屈し、テキサスは独立、後にアメリカに併合された。

さらに、その後の軍事衝突によりメキシコの領土であった、カリフォルニア州ネバダ州、アリゾナ州ユタ州ニューメキシコ州アメリカにし、約10年のうちにメキシコは領土のほぼ半分をアメリカに奪われたことになる。

このテキサス独立からアメリカへの併合という点では、日本の多くの領土問題に通じている部分があるのかもしれない。事実上支配を続けていることによって、国際法の手の届かないところで気が付かないうちに、じわじわと侵略されているのかもしれない。軍を常駐させ、国民を住まわせ、そこから得られる資源を採取していく。国際法上文句を言われようと、実際にそこから利益を享受している国はどこなのだろうか。

争いはない方がいい。が、何かを守るために闘わなくてはいけない時というのはあるのかもしれない。

これは何も右翼的な意味を持たせたい訳ではない。人間としての生き方という意味でも、同じことが言える。相手に寛容になることも思いやりを持つことも大切だが、本当に譲れないものには牙をむくことも必要だ。

共存状態というのは常に闘争の可能性を孕んでいるということを忘れてはいけないのかもしれない。

留学を考えているあなたへ2

 前回は、僕の留学の挫折から、フワフワした状態で留学に行かない方がいいよってことを伝えてみた。

 


f:id:tempahage:20201013232020j:image

 

↓前回の記事↓

留学を考えているあなたへ - しん随筆

 

 一応、断っておくと、きちんと学位や研究、またスポーツや芸術といった、具体的な目標がある人、語学じゃないスキルや才能を持ってる人は、僕が何か言うのはおこがましいし、そういう人こそ海外にはばたくのに相応しい人間だと思うし、本当に心の底から応援したい。

 

 僕自身は、留学に行ったこと自体には後悔もしていないし、むしろ行ってよかったと思う。授業面では、苦労したけど、スペイン語の上達は少なからず感じたし、コロンビアだけじゃなく、メキシコやドイツ、ペルーといった色んな国の友達もできたし、南米を一人旅もしてみたり。まあ、挫折と同じくらいの楽しみは得られたと思う。

 

 でも、帰国して冷静になった時にふと思う。

 

 一年間とはいえ、留学で僕が得られたことに対するコストパフォーマンスってありえないくらい悪くない?

 

 勿論、凄く抽象的な部分では何かしら変わっているのかもしんないし、さっきも言ったように、語学面の成長も感じられた。

 

 でも、その大半は日本国内にいても、いや日本にいた方がよりコスパよく達成できた可能性もあるよね。

 

 例えば、語学面でいえば、インターネットが普及した現代、やれることなんて星の数ほどある。YouTubeでちょっと検索すればネイティブが出してるスペイン語授業動画もニュースもあるし、月々5000〜10000円程度でオンライン会話だってある。

 最低1年間で200万くらいかかる留学(コロンビアは物価が安かったからこの費用だけど、アメリカとかだとどうなんだろう)から考えると、年間12万円でネイティブとレッスンができたり、無料で授業が受けられたり。その他の情報だってちょっと工夫してググったらめちゃめちゃ出る。ほぼ自室に籠もっていながら、世界の裏側に触れることができる。

 

 語学留学自体を否定したい訳じゃない。やっぱり現地でその言語を使いながら生活して、体験をするっていうのは、少なからず意味があると今でも思っている

 

 一方で、僕は自分の能力とかっていうのは雪だるま式に増えていくと信じているので、やっぱり行く前の土台は大事だと思うし、そのできる事をやるっていうのが、その留学をコスパを上げて、より有意義なものにするんじゃないのかなとも思う。

 できることをやり切るっていうのが本当に難しくて、キラキラした世界に逃げ込んでしまうみたいな甘さが大学生だったのかなとも感じるけど。

 

 かなり書き殴った感じの内容だけど、今回は、どうせ留学行くんなら、やることやってから行かないと、本当にフワフワした感じで終わっちゃうよってことを伝えてみた。

 

 正直、かなり思い付きだけでポンポン書いているので、いつかちゃんとまとめたのを投稿したいと思う。

 

多分続きます。。。